ひとりカラオケ専門店(ワンカラ)に行ってみた

はろ〜。既読スルーされた数日本一の全国大会に出場できる実力の持ち主つたです。

 

今回は一人ではハードルが高いと言われている焼肉、カラオケ、居酒屋のなかのカラオケに行ってみたので、その感想です。

 

とは言っても普通にカラオケに行ってもなんのブログネタにもならないよかったのですが、せっかくなので前から興味があったひとりカラオケに行ってみました。

 

 

 

Let’s ひとりカラオケ!!

 

 

 

で新宿のひとりカラオケに行きました。

ひとりカラオケとは?

店内入り口の写真↓

初めて行くと、最初に簡単な説明を受けます。

 

そのあと、近くに設置されている端末で登録を行い、

会員カードが発行されます。

 

そして、どの機種にするかを選びます。(LIVE DAM、JOY SOUNDなど)

 

さらに、ひとりカラオケではスピーカーがないので、

どのヘッドフォンにするかも決めます。

 

これもグレードがあって、300円〜になります。

 

自分は中間の900円のヘッドフォンを選びました。

ヘッドフォンによって、少しずつ特徴が違うので、

店員さんに聞いてみて決めたらいいと思います。

 

そして、各部屋はオートロックになっているため(たぶん防犯)、

部屋の鍵を受け取り、その部屋へと向かいます。

自分は男性なのでわかりませんが、女性専用スペース?もあるみたいです。

まぁ、女性は大切にということなんでしょう。(意味不明)

 

ちなみにドリンクバーや共用スペース。

あと、別料金で、食べ物も購入可能です。

自分は気合い入れてカラオケに行きたかったので、

 

中野のとんかつ屋さんでとんかつを食べてから行きました(どうでもいい)

で、肝心の室内はというと・・・

なんかちょっとしたレコーディングスタジオのような雰囲気を感じました。

 

室内の広さはネカフェぐらいです。

 

まぁ、ひとりなんで別に問題はなかったです。

 

ちなみに、カラオケ以外の用途には全く使えません。

 

カラオケを純粋に楽しみに行ってください。

 

マイクは普通のマイクとレコーディングなどで使いそうなマイク(名前がわからない)が置いてありました。

多分、本気で歌いたい人はこれを使うんだと思います。

 

実際、自分の向かいの部屋の人は立って歌っていました。

 

いくらひとりカラオケとは言っても、自分には立って歌う勇気はありませんでした。

 

だって、外から普通に見えるんですよ?笑

 

自分・・・別名、チキン君です。

 

もう一度、チキン・・・もとい、ポークの写真です。

 

とんかつ↓

で、店内の様子はいうとやっぱりひとり専門ということなので、こそこそしないで堂々と歩けるのがよかったです。

 

店内に入るまではリア充で溢れかえった新宿も一歩踏み込めば天国が待っています。

 

お客さんはいろいろいました。

 

年齢層もバラバラでもちろん女性もたくさんいました。

 

多分、友達と合流するための暇つぶしとしても十分使えます。

肝心の料金は?

ただ、料金はもしかすると少し高いのかもしれません。

 

あんまり、カラオケの相場がわかっていないので、

 

なんとも言えませんが、休日料金でヘッドフォン(900円)、入会料(300円)、90分利用で2800円でした。

 

個人的にはドリンク飲み放題で、ひとりで集中して歌えるのであれば全然問題ない値段ではありましたが・・・

 

とまぁ、こうして、非リアの自分はこのリア充が集まる街新宿で勝手にリア充よりも楽しんだと思い込むのであった!

 

三連休の初日に・・・

・・

・・・

つづく!

つづかないけど!

 

し〜ゆ〜!

 

ワンカラの公式サイトです。

https://1kara.jp/