人生を変えたい人必見!!職業訓練がおすすめっていう話

はろ〜。キャバ嬢に貢ぐのが大好きなもはや人間のK・U・Z・U、つたです。

キャバ嬢の誕生日・・・大好きです!!

 

さて、今回はもう5年ぐらい前の話にはなりますが、

一時期職業訓練というものに通っていたので、

その感想を書きたいと思います。

 

おそらく、この記事を検索して見てくれた方はおそらくですが、

『求職者』または、

『今の仕事を変えたいと考えている人』、

『友人が職業訓練に行っていてどういうものか、興味がある人』

だと思うのですが、先に結論から言ってしまうと非常に・・・非常におすすめです。

 

多分、自分の人生を変えたいと思ったときに一番ハードルが低いのが

職業訓練だと思います。

 

なので、その辺りを詳しく??書きたいと思います。

それでは、まず概要から。

職業訓練についての概要

職業訓練(しょくぎょうくんれん)とは、労働者に対し、職業に必要な技能や知識を習得させることにより、労働者の能力を開発し、向上させるための訓練を言う[1][2]

欧州やマレーシアにおいては、大まかに初期職業教育訓練(IVET)と継続職業教育訓練(CVET)に大別される[3]。IVETは職業生活に入る前(入職前)に行われる教育であり、学校教育制度と関連が深い[3]。CVETは職業生活に入ってから(入職後)行われ、離職者訓練や企業内教育などを指す[3]。IVETについては職業教育を参照し、日本の節を除く本記事では主にCVETについて述べる[4]。-wikipedia引用

上記の説明では少しわかりづらいと思うので、補足させてもらうと、

日本の職業訓練では、大まかに2つあります。

それは、

  1. 職業開発センター(職業能力促進センター)などいわゆるポリテクと呼ばれるところ
  2. 求職者訓練(民間委託訓練)

です。

そこで、就業するにあたって実際にものに触れたり、基礎的な技術を磨いたりして、

即戦力として、会社に就職するための訓練をする場所です。

次にそこに行くことでどう言うメリットがあるのかを解説します。

 

メリットは?

 

このメリットですが、ズバリお金をもらいながら勉強ができるということです。

実際には、失業保険が通っている間もらえるということですね。

 

普通は失業して、3ヶ月は失業保険がもらえないと思うのですが、

職業訓練にかようとその3ヶ月の制限?みたいなのがなく、いきなりもらえます。

 

そして、訓練終了後までお金がもらえます。(3ヶ月間だけとかそういうのがないです)

もちろん、きちんと訓練(あとで、説明しますが、学校)に通わないといけないですが。

なので、簡単にまとめるとこう言うことです。

  1. 自分が今までやったことのない、身につけたかった知識を身に付けることができる。
  2. 生活費のことを気にしなくていい。
  3. 一時的にではあるが、めんどくさい人間関係から解放される。
  4. 働きたくない症候群のリハビリになる。
  5. 人生をやり直すことができる。

 

どんな感じ?

 

一言で言ってしまうと、学校です。

学校に通うのと同じです。

 

朝の9時または10時に行って、16時〜17時に終わります。

もちろん、平日は毎日です。で、土日祝は休みです。

 

きちんと1限目は何をするだとか、決まっていて、その間に10分間の休憩時間もあります。

 

年齢層はバラバラで、若い人もいれば、主婦の人もいるし、50代の方もいます。

 

ただ、共通して言えるのは、みんな失業者ということです。

で、中には異色の経歴を持っている人などもいて、

将来のビジネスパトーナーもできたりします。

 

実際、自分も職業訓練で知り合った方と

4年後にお互い大企業の社員という肩書きで、

その会社同士の商談をしたこともあります。

 

どんな職業訓練があるのか?

 

これについては様々あります。

ということにさせてください。

 

と言うのも、その時々の世間でどういう職業に対して、

需要があるかで国も方針を変えるからです。

 

で、この辺りは、近くのハローワークに言って、

職業訓練について教えてほしいと聞くのが

一番だと思います。(場所によって、開催される訓練の内容が変わるため)

 

ですが、それでも一応どういうのがあるのか、知りたいという人は、

ハローワークのサイトを見てみるといいと思います。

 

一応、リンクを貼っておきます。(東京ですが・・・)

東京はたらくネット

↑上記のページの職業訓練というカテゴリ(都立職業能力開発センター、民間委託訓練)を

参照してみてください。

 

ちなみですが、職業訓練の期間は短くて、3ヶ月。

長くて、2年のものまであります。

 

行くための条件とは?

 

残念ながら、誰でも行けるというわけではないのが、

ここの辛いところです。

 

というのも、やっぱり世の中には楽してお金が欲しいという

残念な方達もたくさんいます。

 

それに、定員という問題もあるため、

応募させすれば行けるわけではありません。

 

例えばですが、

簡単な基礎学力を持っているかのテストがあったり、

本当に学ぶ気があるのか?就職しようと思っているか、

などの面接があります。

 

あと、やっぱり失業者が優先なので、

例えば職歴がない人や

次の職をすぐに決めなくても困らないような人などは

落ちやすくなります。

職業訓練に行ってみた感想

で、行ってみた感想ですが、

そのときというか、人生で2回職業訓練に行っています。

 

1度目はwebクリエイターと言って、

サイトのデザインをするところ。

 

2度目はJavaプログラミング、

まぁエンジニアですね。(SEというやつです)

 

どちらも、共通して言えることですが、

ここで勉強してるだけでは、就職はかなり厳しいというのが、

自分の感想です。

 

家に帰ってからや、休日に予習、復習をしないと

はっきり言って、無駄な結果に終わってしまいます。

(特に3ヶ月コースの場合)

 

なので、あくまでも職業訓練はキッカケだと思ってください。

職業訓練プラスアルファやって、ようやく就職できるかできないかと

いうところです。

 

だって、実務未経験にかわりはないので・・・。

 

あと、例えばJavaプログラミングに通っていましたが、

その時に同じ仲間が20人ほどいましたが、

ちゃんと今でもエンジニアをやっているのは、

1割ほどしかいません。

 

やっぱり、通っている途中でエンジニアには向いていないと

思った人やなかなか就職が決まらない人などがたくさんいます。

 

なので、とりあえず行ってみるというのはいいと思います。

いいと思いますが・・・。

でも、やっぱり、行くからには、

 

「きちんと覚悟決めてください!!」

「本気で人生変えてやるという気持ちを持ってください!!」

 

たまに、『みなさん楽してお金もらいましょーう!』という、

ふざけた記事を書いているブログなどがありますが、

はっきり言って論外です。

 

 

だって、そういうふざけた人たちのせいで、本当に行きたかった人たちが

行けなくなるのって誰も得しないじゃないですか。

(できる人が欲しいと思っている企業や国、教えてくれる先生や本気で学びたい失業者など)

 

なので、行く前にきちんとこれは自分にプラスになるのか?や、

この職業でやって行けるのか?などをきちんと考えた上で応募して欲しいなと

思います。

 

その上で、行ってやってみて合わないのは仕方のないことだと思います。

 

ちなみにどうでもいいですが、自分、

「仕事ができない人(サボって何もしない人)」

「人の気持ちが考えられない人」

一番嫌いです。

 

でも、「何事に対しても一生懸命に向き合おうとする人」

「他人のことを真っ先に考えられる人」

大好きです。

 

職業訓練のまとめ

少し、脱線してしまいましたが、職業訓練についてのまとめです。

  • 生活費のことをあまり気にせずに人生を変えられる可能性を与えてくれる。
  • 地域によって、開催される訓練が違うので必ず、ハローワークに行って確認する。
  • 期間は3ヶ月〜2年の間と様々。
  • 応募した後に、学力テストや面接がある。
  • 将来のビジネスパートナーが見つかるかもしれない。
  • 様々な人(老若男女)がやってくる。
  • 基本的には失業者
  • 職業訓練プラスで家で予習、復習をしないと就職は厳しい

以上です。

 

人生を変えたいと思っているみなさん、

ぜひ一度職業訓練を検討してみてください!

本当におすすめです。

 

それでは、し〜ゆ〜!!